ギターを高く売るにはコツがある!買取業者情報&相場を公開!

ギターの高価買取リサーチ隊
HOME » 10分でできるギター高額買取のコツ

10分でできるギター高額買取のコツ

愛用してきたギターを高額買取してもらうために、事前にチェックしておきたいポイントを分かりやすくまとめました。

ギター高額買取の秘訣は事前リサーチ

新品・中古を問わず、弾かなくなったりいらなくなったギターは買取してもらえます。たいていの場合、どのような状態でも買い取ってもらえます。ただ、高額買取を望むなら少しばかりお耳を拝借。決して損はさせません。

買取相場をチェック

ギターを高額で査定してもらいたいと思ったら、事前に自分が売りたいギターの買取相場をチェック。その際には、複数のお店の買取金額を比較してみるようにしましょう。

メーカー・モデル名をチェック

当然ですが、ギターのメーカーやモデル名も事前に調べておくこと。ほとんどのギターにはモデル名が明記されていると思いますが、中には無表記の物も。年代物の場合にはよくこうしたものが見受けられます。

モデル名が不明だと、一般的な安値でしか査定されかねません。高額モデルやレアモノのギターだったりする場合があるので、しっかりと見極めてください。

メンテナンスをしておくこと

10分でできるギター高額買取のコツさらに高く買取ってもらうためのコツがあります。それは査定に出す前にきっちりとメンテナンスを行なうこと。

しっかりと音が出る、綺麗な状態で査定してもらうようにしましょう。一般的なギターのメンテナンスを少し解説しておきますね。

ペグが硬すぎたり、逆に緩すぎたりする場合も査定にはマイナス要素となってしまいます。こうした部分は、ドライバー1本で調節できるので自分で調整しておくこと。またジャック部分によくありがちなのですが、サビが付いている場合は、専用の錆び落としなどでキレイに掃除しておいてください。ちなみに弦は消耗品なので、錆びていても査定には影響しません。

エレキギターやエレキベースなどは、きちんと音が出るかは必ずチェックされます。電気系のパーツの不具合がないか確かめてみてください。そのほかネックの反りやボディへのダメージなども査定ポイントになります。

また、付属品が全て揃っているかもチェック。説明書や保証書の書類関連や電源ケーブルなどの付属品がある場合は、プラス査定になる可能性があります。

ちなみにペイントやステッカーなどが貼られたカスタムギターは、中古市場ではあまり人気がないので、当然買取り査定もあまり高額を期待しない方がよさそうです。